日本ワインの父・川上善兵衛生誕150年記念のワイン

日本ワインの父こと川上善兵衛が生まれて、2018年で150年を迎えました。その記念に、川上氏が創業した新潟の岩の原葡萄園から記念のワインが販売中です。

【更新情報】
2018年2月21日公開。
2019年4月4日更新。

 

ワインヌ先生
日本ワインの父と言えば……
まーくん
行基、雨宮勘解由、山田宥教、詫間憲久、高野正誠、土屋竜憲(※)……
※日本ワイン界の功労者たち。
ワインヌ先生
おい、わざと外してるだろ
まーくん
大トリに持ってこようと思ったんですよ!
川上善兵衛を忘れるわけないじゃないですか
ワインヌ先生
デスヨネー

さて、 川上善兵衛の功績を簡単に説明すると……

 

勝海舟の勧めでブドウ栽培&醸造を始めることになり、1890年に岩の原葡萄園を開設1922年に22品種を優良品種として発表1927年にマスカット・ベーリーA(※)やブラック・クイーンなどの日本独自の改良品種の開発に成功

マスカット・ベーリーAは、現在国内の赤ワイン用品種では1番栽培されてる。
川上善兵衛がいなかったら、今の日本のワイン界はかなり違ったものになってたかもな

※ マスカット・ベーリーAはアメリカ系生食用品種のベーリー種とヨーロッパ系生食・醸造両用品種のマスカット・ハンブルク種をかけたもの。
まーくん
ですね。

風土に合った品種こそテロワールを表現する上での大事な媒介ですよね
ヨーロッパ品種はもちろん美味しいですが、やっぱ日本の土着品種は飲んでてほっとします

ワインヌ先生
ワインのおもしろさは、そういうとこにあると思う

生誕150年記念ワイン

ワインヌ先生
さて、そんな川上善兵衛生誕150年記念ワインが2018年3月10日から販売中なんだな。ちなみに3月10日は彼の誕生日
まーくん
ふむふむ
ワインヌ先生
その記念ワインは、川上善兵衛が生み出したマスカット・ベーリーA(93%)、ブラック・クイーン(4%)、ベーリー・アリカントA(3%)の3品種をブレンドし、石蔵にて熟成。

フレンチオーク樽で12カ月熟成してあるから、果実味豊かで厚みあるボディに樽の上品なヴァニラ香が漂う上流階級チックなワインっぽいな

まーくん
ベーリーAでフルボディって珍しい気も……して、お値段は?
ワインヌ先生
9,180円(税込み)だそうな
まーくん
限定か~
ワインヌ先生
岩の原ワインオンラインストアでも3月10日の午前0時から発売開始とのこと。川上善兵衛ファンはゲットしたくなっちゃうな
まーくん
ですね!

<参考>
・岩の原ワインOnline Store
http://iwanohara.shop-pro.jp/

ワインの名前
品種
特徴
テイスティングコメント
その他
評価
2か月前