つくるとなると準備が大変な燻製。思いついた日に手軽に楽しみたい場合にうってつけな“ハンディスモーカー”を見つけたので、ご紹介したいと思います。
【更新情報】
2018年6月21日公開
2018年7月9日更新
ワインヌ先生
燻製って美味しいし大好きなんだけど、肉の場合はソミュール液にひたして数日置いて、取り出して乾燥させて、スモーカーで燻すっていう面倒な過程を踏まないとありつけないリッチな食材だよな……
まーくん
そんな人にぴったりな、“ハンディスモーカー”を見つけたんです!

ワインヌ先生
え、まじか。
スモーカーなしで燻製がつくれんの?
まーくん
残念ながら燻製器ではないんですが、食材にささっとスモークの匂いをつけさせるための器具なんです
ワインヌ先生
へ~!

ハンディスモーカー“FUMO”を使ってみた

まーくん
使い方は簡単です

1.
本体に単3電池を2つ入れて黒いチューブをセットする。
2.
チューブの先に、スモーク香をつけたい食材を入れたチャック付きのビニルバッグをセットする。

3.
本体上部の小窓にスモークチップを入れて、スイッチオン。
4.
チップに火を点けるとあっという間に燃え上がり、チューブを通ってビニルの中に煙が広がる。

5.
ビニルの中に煙を充満させたらチューブを抜いて密閉し、その状態で3分ほど待つ。
6.
すると……スモーク香がついた燻製モドキのおつまみができちゃうんです!

ワインヌ先生
すげーーー!!!
まーくん
これ開発した人偉いですよ……めちゃ簡単だし、本体のつくりも簡素だし。
使うときは換気をしっかり行ってください

燻製モドキのチーズを食べてみた

まーくん
ではチリのメルローに合わせて、いただきます!
ワインヌ先生
いただきまっす!!
……すごい、ちゃんと燻製の味する
まーくん
ですね……!
がっつり燻製って感じはしないですが、ほどよいスモークが好きな人にはばっちりの加減ですね
ワインヌ先生
だなあ
まーくん
他にも、ベーコン、ゆで卵、サーモン、ソーセージ、チキン、ホタテなどでやってみても美味しいでしょうね
ワインヌ先生
あ、たくあんをいぶりがっこにもできるんじゃね? クリームチーズと一緒に食べたい
まーくん
それ! やるしかないですね……!

 

【追記】

ワインヌ先生
さて、たくあんでもやってみたところ……

まーくん
ワクワク

ワインヌ先生
ジップロックにたくあんを入れて煙を入れた状態で3日から1週間ほど冷蔵庫で置いておいたら、ばっちりいぶりがっこ風になってたぜ!
まーくん
やったね!
ワインヌ先生
そして、チーズも同じようにジップロックに煙を入れた状態で3日ほど置いておくと、ばっちりスモークが染み込んでより美味しくなることが発覚!!
まーくん
次はサラダチキンとかやってみましょう!