ワインが不味いときって、どう対処していますか?
ほとんどの人は、「まずいな……」と思っても我慢して最後まで飲んでいるのではないでしょうか? でも諦めるのはまだ早い! 適切な対処をしたら、美味しく飲める可能性だってあるんです。というわけで、今回はそんな対処法についてまとめてみました。
【更新情報】
2018年1月15日公開。
2018年6月6日更新。
ワインヌ先生
こないだ開けた白ワインがブショネ(※1)だった……
※1 バクテリアなどで汚染されたコルク樫でつくられたコルクと塩素系漂白剤が反応し、発生したトリクロロアニソール(TCA)が原因。軽度なものを含むと天然コルクを使用したワイン全体の3%から5%もあると言われています。
まーくん
それはご愁傷様です……
ワインヌ先生
ネットで買ったワインで1000円くらいのだったから、送料もかかるし交換してもらってもな~と思って全部捨てちゃった……
まーくん
つらい……

ワインが不味い理由は、ブショネだけじゃない!

ワインヌ先生
でも、ブショネだけじゃなく、このワインまずいなオイ!! ってことあるじゃん?
まーくん
ありますね。

でもそれは、しょうがないんじゃ……

ワインヌ先生
いやいや、諦めたらそこで終わりだぜ。

「なぜ不味いのか」がわかったら、対処の仕方一つで味がぐっと改善されることだってある

まーくん
なんと……!
ワインヌ先生
ということで、そんな対処法をチャートにしてみた

ワインヌ先生
1つずつ解説していきますかね

ぞうきん臭い

ワインヌ先生
ぞうきん臭いとブショネなので、販売店にかけあって交換をお願いしてみよう。
ネットの販売店だとダメな場合が多い(※2)から注意。
※2 心配な人は、販売店の返品・交換についてのページなどで確認してみると書いてあったりします。はっきりとブショネ含む劣化ワインの交換はしない、としている店も。
まーくん
ブショネ、こわい……

妙に石灰ぽく尖った味がする

ワインヌ先生

次にぞうきん臭くないけど、妙に石灰ぽかったり尖った味がする場合。

YESの場合はワインの温度が低すぎたり、ちゃんと空気に触れていないことや還元臭が原因なので、
温度を上げたりデキャンタージュしてみることが対処法となる

まーくん
なるほど……!

滓のせいで舌触りが悪い

ワインヌ先生
そして、「滓が多くて舌触りが悪いという場合。

こういうワインは飲む前にワインボトルを立てて滓を沈ませておく(※3)のがベター。
まあ、茶こしで取るって人もいるが

 

※3 ボルドーやスペインの重い赤ワインに、よくあります。グラスに注ぐ際も、ランプやライトなどで滓を見つつグラスに入らないよう注意してください。できるソムリエは、ボトル内を透かしてみなくとも手の感覚でわかるんだとか。
まーくん
ふむふむ

変に甘ったるい

ワインヌ先生
そして、「変に甘ったるい」場合。
ワインの温度が高すぎると甘さが強調されるので、アイスクーラーに氷水を入れて冷やとよい(※4)。
アイスクーラーなんかねーよという人は、ボウルでも桶でもいいから代用してくれ。
また、それでもダメなら熱劣化(※5)の可能性がある
※4 とくに貴腐ワインなどの極甘口のワインは冷蔵庫程度じゃぬるいことがあるので冷やしてください。
※5 質屋などがオークションで出しているワインに、よく見られる熱劣化。室温に晒されたまま暑い夏を越していたりすると、ワインが熱で劣化して変な甘みが出ます。飲めないことはない、というものは多いですが、熱されたことが原因でコルクが上がり液垂れしたものはアウト。
まーくん
はーい

何かよくわかんないけど、不味い……

ワインヌ先生
甘ったるいわけじゃないけど何か不味いって場合は、グラスを変更することで香りの広がりが変化して改善される場合もある。
一般的には細身のグラスほど、香りはシャープになって、丸みのあるグラスほど丸くまろやかに感じられる。ただし味わいについては、細身のグラスほど舌の苦味や酸味を感じる部分に当たらないよう造られている(※)
※ グラスメーカー大手のリーデルは、ワインを口内に流し込んだときに舌のどこに当たるかを研究してワイングラスを造っています。縁の円が緩やかなのか急なのかでも全然違います。
まーくん
グラス!! 盲点でした
ワインヌ先生
それでも味が改善されない場合は、単に好みじゃないのかも

冷静に対処できると強みに

ワインヌ先生
でも、この対処法でも美味しくならない場合はもちろんある
まーくん
そういう場合は、どうしたら?
ワインヌ先生
世の中美味しいワインばっかじゃないから、勉強になったな……と涙を飲むことだな
まーくん
心に留めておきます