【モカ、栗、トースト】濃厚スイーツ系スペイン・カバ「ニット・デル・フォック」【コスパ高】

コストパフォーマンスが高いことで人気の高いカバ。
第7次ワインブームを後押しした立役者と言っても過言ではありません。
今回はそんなカバの中でも少し高級感ある風味を持つ「ニット・デル・フォック」をご紹介したいと思います。
【更新情報】
2017年11月28日公開。
2018年6月11日更新。

 

ワインヌ先生
カバって(※1)、すごいコスパ高いよね?
※1 スペインの原産地が保証されているスパークリングワイン。瓶内二次発酵でつくられているため、泡がクリーミィ。安くて美味しくて近年日本で流行中。
まーくん
やばいですね、安い、旨い、瓶内二次発酵!!
ワインヌ先生
値段、安すぎだよなあ。
フランスだと3,000円クラスの味ものが、カバだと1,000円切ってることなんてザラ。スペインの経済が心配になるが、ブドウ栽培世界1位だからできる芸当なのかね(※2)。

というわけで、今回はたまたま見つけた超オススメカバ「ニット・デル・フォック カバ ブリュット」を紹介するぜ

※2 2016年、スペインはブドウ栽培面積が世界1位。ワイン生産量は世界3位。カバの生産量は2億5000万本を超えています。

ニット・デル・フォック カバ ブリュット(NIT DEL FOC)



ワインヌ先生
ニット・デル・フォックってのは、スペイン東部バレンシア地方(※3)で3月半ばに行われる火の祭りで盛大に上げられる深夜の花火のこと。

このワインもバレンシア地方の標高の高い地域でつくられてる花火のラベルかわいいな

※3 カバの生産地は主にバレンシアよりももっと北にある地中海地方カタルーニャ州ペネデス。特選原産地呼称ワインであるプリオラトという産地も同州にある。
まーくん
ラベルお洒落ですね
ワインヌ先生
造ってるところは、2007年にできた新しいワイナリーで複雑な風味を重視してワインをつくってるんだと
まーくん
たしかにこのカバ、今まで飲んできたカバと風味が違うような……
ワインヌ先生
どう違う?
まーくん
開けたときに、まるでシャンパンみたいな栗の香りがふわっと香りました!
ワインヌ先生
だよな~。

これは良質なシャンパンによくある香りだ。

そんで、時間が経つとモカとかココアパウダーみたいな濃厚な香りがしてくる。

あとは洋梨レモンあたりかな。果実味豊かだけど、発酵・熟成の香りもばっちりあって旨い!
しかもネットで1,200円台で売ってるとか、ちょっと驚きだな

まーくん
ミュズレも花火でかわいいですね!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニット・デル・フォック・カバ・ブリュット
価格:1382円(税込、送料別) (2017/11/28時点)

 

まーくん
ところでこれ、シャルドネ入ってるんですか?
ワインヌ先生
おうよ。主体はマカベオだけど、シャルドネが10%だけ入ってる
まーくん
へー! カバにもシャルドネ使っていいんですね

シャンパンと間違えるカバ!?

ワインヌ先生
いいとこに気づいたな。

カバと言えば、主要品種は3つ。果実味のマカベオミネラルのチャレッロ花のパレリャーダ。それぞれの香りに挙げたような特徴がある。

これに加えて、シャルドネ、マルヴァジアモナストレル、ガルナッチャ、トレパット(※4)、そして近年白カバに使用が認められたピノ・ノワールの使用が認められてる

※4 シャルドネ、マルヴァジア、ピノ・ノワールは黒ブドウ品種。それ以外は白ブドウ品種。
まーくん
ええと、たしかカバはスペインのワイン法でD.O.カバの表記がされるんでしたよね。
ってことは、必ず瓶内二次発酵で造られてる?
ワインヌ先生
そのとおり。

瓶内二次発酵でつくられたスパークリングワインは他の製法のものよりもクリーミィな泡になって風味豊かになる。

しかもシャルドネ100%のカバとかシャルドネ&ピノ・ノワールでつくられたカバとかあって、よほど飲みなれてないとシャンパンと間違うレベルのものもある。

ただし、やっぱり同じ瓶内二次発酵のワインでもシャンパンでプレステージになるほど泡はクリーミィだな

 

まーくん
その点で言うと、ニット・デル・フォックはちょっと泡が大きめでしたね
ワインヌ先生
手のかけ方、金のかけ方が違うことを考えたら、そこはしょうがないかと。

ちなみにスパークリングワインの製法は5つあって、シャンパンの場合はシャンパン方式って呼ばれるトラディショナル方式。他にトランスファー方式、シャルマ方式、リュラル方式、ガス注入方式(※5)がある。トラディショナルとトランスファーだと飲んでも判別つかないかも

まーくん
でもこだわってる人は一発でわかっちゃうんでしょうね


※5 トランスファーも瓶内二次発酵だけど、冷却と滓抜きをタンクで行う。シャルマはタンクで二次発酵と滓引きを行う。リュラルは発酵途上の泡立っている醪を瓶に入れ残りの発酵を瓶内で継続させる古代から行われている方式。ガス注入はそのまま、ガスを注入するもの。


<参考>
【UNIÓN VINÍCOLA DEL ESTE】
 

 

6か月前